住友生命と明治安田生命の学資保険はどっちがおすすめ_返戻率やプラン全て比較します!

子どもが生まれて家庭の中にパっと花が咲き、家族は子ども中心で動くようになります。

本当に可愛いし、この子を一生守っていこうとパパ・ママは思っていることでしょう。

子どもを守っていくには。

親の「愛情」が大切です。

いつも見守ってあげたい。

それが大事な子どもへの想い。

大事な想いを達成するには、子どもを一人前に育てあげること。

育てるのには「養育資金」「教育資金」が必要となります。

いきなり現実に引き戻されるような話をしてしまいましたが。

お金は大事です。

特に子どもの教育にかかるお金=教育資金はしっかりと貯めていく必要がありますね。

教育資金を貯めるのに利用されているのが「学資保険」です。

いろいろな保険会社でさまざまな学資保険が販売されていますが。

今回はその中で2つの日本の生命保険会社「住友生命」と「明治安田生命」の学資保険を

比較していきたいと思います。

住友生命と明治安田生命の学資保険の返戻率はどうなんだろう?

保障内容は?

住友生命と明治安田生命の学資保険の特徴は?

それぞれのメリット・デメリットは?

プレゼントキャンペーンはあるの?

など、いろいろ興味を持つ点があるでしょう。

そこで。

次のことをお伝えします。

  1. 学資保険とは?
  2. 住友生命と明治安田生命の学資保険のプラン紹介
  3. 返戻率が高いのはどっち?
  4. 保障が高いのはどっち?
  5. 住友生命と明治安田生命の学資保険シミュレーション
  6. 住友生命と明治安田生命の学資保険のメリット・デメリット
  7. 住友生命・明治安田生命の学資保険が向いている人はこんな人

最後まで読めば、住友生命と明治安田生命の学資保険のことがよく分かるでしょう。

なお。

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、支援の意味で各生命保険会社では

重要な特別取り扱いをしています。

住友生命・明治安田生命でも取り扱いをしています。

今回、学資保険を検討している方、あるいは既に加入している方に是非お知らせしたいことがあります。

少しでもお役に立てればと思い、最後にまとめてありますので一読くださればと思っております。

よろしくお願いします。

学資保険とは?

先ほども書きましたが、子どもを育てていくのにはたくさんのお金がかかります。

大きく分けると2つになります。

「養育資金」と「教育資金」です。

養育資金は子どもを育てていくために必要なお金のこと。

食べる物や着る物など、主に生活必需品になります。

教育資金は子どもを教育していくために必要なお金のこと。

子育てをする上でどちらも必要なお金ですね。

このうち。

養育資金は毎月の生活費の中からある程度は捻出することが出来ますが。

教育資金は別枠で計画的に貯めて行かないといけません。

では。

計画的に貯めていくにはどうすればよいのでしょうか。

先輩パパ・ママは教育資金はどうやって準備しているのか?

エフピー教育出版で調査した下記の表をご覧ください。

<教育資金はどうやって準備したか?>

1位 生命保険会社の子ども保険 39.3%
2位 銀行の定期預金等 19.8%
3位 子ども保険以外の保険 12.8%
4位 銀行の積立預金等 12.1%
5位 教育資金贈与信託 5.1%

<出典>エフピー教育出版:平成30年 サラリーマン世帯生活意識調査

上記表を見ますと。

1位は「生命保険会社の子ども保険(学資保険)」の利用で

ナント全体の約4割!

2位の「銀行の定期預金」は約2割。

学資保険は他を大きく引き離してダントツの1位という結果でした。

「教育資金」という大きな金額を準備するには。

預貯金よりも学資保険の方が効率的と思う人が多いということになります。

学資保険は子どもの教育資金を効率よく確実に貯めるために利用されています。

2位の預貯金を利用するという手ももちろんあります。

しかし預貯金は何かあるとすぐに下ろして使えてしまうので便利な反面、

確実に貯めていくにはちょっと弱い面があるのです。

学資保険には次の4つの利点があります。

  1. 拘束性がある
  2. 利率が良い
  3. 自動的に貯めていく
  4. 保険の要素がある

4つの利点を総合して考えると、学資保険に人気が集まるのが分かりますね。

ところで。

こどもが生まれてから大学を卒業するまでに、

教育資金にはいったいどのくらいのお金が必要になるのでしょうか。

次の表は、小学校~大学まで<全て国公立に行った場合><全て私立に行った場合>に

どのくらいの教育資金がかかるかの一覧表です。

<全て国公立の場合>

 学  校 教 育 費
公立幼稚園(3年間) 649,088円
公立小学校(6年間) 1,926,809円
公立中学校(3年間) 1,462,113円
公立高校(3年間) 1,372,072円
国公立大学(4年間) 5,393,000円
合  計 10,803,082円

<全て私立の場合>

 学  校 教 育 費
私立幼稚園(3年間) 1,584,777円
私立小学校(6年間)  9,592,145円
私立中学校(3年間) 4,217,172円
私立高校(3年間) 2,904,230円
私立理系大学(4年間) 8,267,000円
合  計 26,565,324円

参考サイト→子どもの学習費調査の結果/文部科学省

参考サイト→教育費に関する調査結果/日本政策金融公庫(2019年)

上記の表を見ますと。

全て国公立で約1,000万円 全て私立だと約2,600万円以上の教育費がかかることが分かります。

全て私立だと国公立の約2.6倍!

全て国公立だとしても約1,000万円もかかります。

予想以上にかかるとビックリしているかもしれませんね。

これだけの金額を一気に準備するのはムリですよね。

教育資金は計画的に準備しないといけない。ということになります。

そこで先ほど1位に輝いた「学資保険」の出番となります。

学資保険とはどのようなものなのでしょうか?

これから詳しく説明していきます。

学資保険には保障重視型と貯蓄重視型がある

先ほどの表で、教育資金の準備には「学資保険」を利用する人が約4割と、

とても多い事が分かりました。

では、学資保険のしくみについて説明しましょう。

学資保険と一口に言ってもみんな同じタイプではないのです。

学資保険には大きく分けると「保障重視型」と「貯蓄重視型」の2つのタイプがあります。

「貯蓄重視型」

学資保険に加入する目的の多くは「貯蓄」でしょう。

ですから教育資金に加入する人は、「貯蓄重視型」を希望する人がとても多いです。

預貯金は1年~数年という短期間で貯蓄するものが多いですが。

保険は長期間に渡ります。

保険期間はおおよそ高校卒業までの18年間か大学卒業までの22年間になります。

保険期間の途中で、子どもの入学の時期に合わせて学資金を受け取ったり。

満期で満期保険金を受け取ったり出来ます。

学資保険=「返戻率を重視」している人が多いです。

返戻率とは、実際に満期まで掛けた金額がどのくらい増えて手元に戻るか、ということなのですが。

返戻率については後ほど詳しくお伝えします。

学資保険は昨今の超低金利政策で返戻率はかなり下がりました。

残念ながら元本割れしている学資保険も多いです。

しかしながら。

以前よりは下がりましたが、頑張って高い返戻率を出している学資保険もあります。

銀行に預けても年利0.001%とスズメの涙くらいの利息しかつかないのと比べると。

学資保険の方が利率が高い物があり、長期的な貯蓄として人気があるのです。

このように、返戻率を重視した学資保険が「貯蓄重視型」です。

また、保険は長期の契約。

一度加入すると10年20年の契約。

なかなか下ろすことが出来ないので固定されてお金が貯めやすくなります。

銀行預金だと、ついつい下ろしてしまいがち。

その点学資保険なら自然に、というか強制的にお金を貯めていけますね。

ただし注意点があります。

預貯金は途中で解約しても元本が割れることはありませんが。

学資保険の場合は途中で解約すると大損になります。

特に短期間で解約すると全く戻って来ないか、戻ってきてもわずかな金額しか戻ってきません。

学資保険は途中解約のリスクがあることが預貯金と学資保険の大きな違いです。

「保障重視型」

学資保険のもうひとつの特徴は「保障」がついていることです。

学資保険は「保険」ですので保険の要素があります。

この「保険の要素」が銀行などの貯蓄にはない魅力です。

学資保険には一般的に「保険料払込免除特約」がついています。

契約者(主に親)に万が一の事があった時に以降の保険料が免除されます。

保険料の払込をしなくても学資金や満期保険金は契約通り100%支払われる。

貯蓄重視型の学資保険でも。

「契約者死亡時の保険料払込免除」はほとんどの契約に付いています。

最低限の学資保険の保障と言えましょう。

重要な保障ですね。

しかし「保障重視型」になりますと。

「保険料払込免除特約」の適用範囲が広くなります。

契約者が死亡や高度障害の場合だけではなくて。

所定の身体障害状態や介護の状態になった時。

3大疾病や7大疾病にかかった時も該当になる学資保険もあります。

3大疾病とは がん・脳卒中・急性心筋梗塞

7大疾病とは 3大疾病+重度の糖尿病・ 重度の高血圧性疾患・慢性腎不全・肝硬変の事。

死亡や高度障害になる人はかなり少ないと思われます。

しかし、死亡や高度障害以外でも「働けなくて収入が途絶える」ケースはたくさんあります。

身体障害状態や介護状態。

3大疾病や7大疾病の状態がまさしく「働けなくなる状態」に該当します。

働けなくなると、保険料の支払いが厳しくなり教育資金の準備に影響が出てしまう。

そのため、保障が手厚い保険を望む人がいる訳です。

また、契約者に万が一のことがあった時に「育英年金」が支払われる学資保険もあります。

満期まで毎年、年金が支払われていきます。

さらに。

子ども医療保障や子どもの死亡保障が充実している学資保険もあります。

このように、学資保険の「保険」の要素が大きいものが「保障重視型」です。

ただし、注意点があります。

保障の部分の保険料は「掛け捨て」となります。

ですから先ほど説明した「返戻率」は低くなり、元本割れのケースがほとんどになります。

保障の内容が大きくなるほど、返戻率は低くなります。

返戻率は期待せずに。

貯蓄をして学資金を受け取って教育資金の準備をしつつ、

一方でしっかりと万が一の保障もつけたい人に向いているのが「保障重視型」と言えます。

このように、学資保険は貯蓄だけでなく保障の要素もあるのが魅力ですね。

住友生命と明治安田生命にはどんな学資保険プランがある?

「住友生命」は1907年に創業。

約110年以上前に創業しています。

「明治安田生命」は住友生命よりも更に早く、日本で初めて創業された生命保険会社です。

1880年に創業した安田生命(前身の「共濟五百名社」)と1881年に創業した明治生命。

2004年に明治生命と安田生命が合併して「明治安田生命」となりました。

明治安田生命は140年も前からあったということになります。

住友生命も明治安田生命も信頼度の高い、日本の老舗の保険会社ですね。

今回、学資保険の比較をする「住友生命」と「明治安田生命」。

正式な名称は「住友生命保険相互会社」「明治安田生命保険相互会社」と言います。

「相互会社」というのは余り聞き慣れないと思いますが。

古くからある生命保険会社は生命保険独特の形態の「相互会社」でした。

「相互会社」では。

契約者1人1人が社員という考え方に基づき、「相互扶助の精神」で運営しています。

さて。

そのように古くから親しまれている日本企業の「住友生命」と「日本生命」の学資保険について比較していきます。

住友生命と明治安田生命の学資保険プランについて紹介していきましょう。

住友生命の学資保険プラン

住友生命の創業は1907年。

今から110年以上も前に創業した日本の老舗の生命保険会社です。

「スミセイ」の愛称でも親しまれていますね。

住友グループに属しています。

住友生命のキャッチコピーは「あなたの未来を強くする」

何とも力強く、支えてくれそうなイメージですね。

そんな住友生命で取り扱っている学資保険は2種類。

学資保険「こどもすくすく保険」と

学資積立保険「たのしみキャンバス」です。

ではそれぞれの保険を説明していきましょう。

「こどもすくすく保険」のプラン

こどもすくすく保険は、中学・高校入学時に学資祝金が、

満期時に満期祝金が受け取れるプランです。

18歳満期と22歳満期とでは祝金の受取回数、割合が異なっています。

下記を参照ください。

<18歳満期の場合>

<18歳満期>                基本保険金額 100万円の場合

学資・満期祝金
受取時期
12歳 15歳 18歳
学資・満期祝金 10万円 10万円 100万円

中学・高校入学時に基本保険金額の10%の学資祝金

大学入学時に基本保険金額の100%の満期祝金がそれぞれ受け取れます。

保険期間が18歳ですと祝金が3回となり。

上記の例で行くと、合計120万円が受け取れます。

<22歳満期の場合>

<22歳満期の場合>

<22歳満期>                 基本保険金額 100万円の場合

学資・満期祝金
受取時期
12歳 15歳 18歳 22歳
学資・満期祝金 10万円 10万円 30万円 100万円

こちらは満期が22歳の場合です。

保険期間が22歳の時は。

中学・高校入学時に基本保険金額の10%の学資祝金

大学入学時に基本保険金額の30%の学資祝金

22歳満期時に基本保険金額の100%の満期祝金がそれぞれ受け取れます。

保険期間が22歳ですと祝金が4回になり。

上記の例で行くと、合計150万円が受け取れます。

では。

こどもすくすく保険の基本情報をお伝えします。

<基本情報>

保険料払込期間 12歳・15歳・18歳
保険期間 18歳・22歳
契約者加入年齢 男性 18歳~69歳

女性 16歳~75歳

被保険者加入年齢 0歳~9歳
保険料払込方法 月払・半年払・年払
保険料払込免除 あり(死亡・高度障害・不慮の事故の障害状態)
育英年金特約 なし
こども医療特約 付加できる
・保険料払込期間は

12歳(小学校)・15歳(中学校)・18歳(高校)卒業の年齢。

卒業の年齢に併せて保険料の払込期間を設定できます。

払込期間を支出の少ない時期の小・中学校で終わらせるか
18歳までで支払い終えるように1回当りの保険料を少なくするか。

アナタのニーズに合わせて選ぶことが出来ます。

・保険期間は

18歳と22歳の2種類です。

高校卒業をゴールにするか、

大学卒業をゴールにするか。

2つから選べます。

・契約者加入年齢は

男性 69歳 女性 75歳と範囲が広くなっています。

おじいちゃん・おばあちゃんが孫に掛けてあげることが出来ます。

・被保険者加入年齢は

9歳までと範囲が広いです。

9歳までも入れる学資保険は余りありません。

加入を失念した場合だけでなく。

後からもう少し追加したいと思った時でも加入出来るのはいいですね。

・保険料払込方法は

月払・半年払・年払の3通りです。

・保険料払込免除特約は

契約者に万が一の事があった時に保険料の払込が免除されます。

学資祝金や満期祝金は契約通り100%支払われます。

なお。

契約者に「万が一」の事があった時とは。

死亡・高度障害・不慮の事故に遭って障害状態になった時です。

・こども医療特約は

特約として付加出来ます。

  1. こども総合医療特約
  2. こども入院保障充実特約

学資保険に加入する人の中で、子どもの入院や手術の保障が欲しいという声があります。

こどもすくすく保険なら。

希望に応じて備える事が出来るので安心ですね。

「たのしみキャンバス」のプラン

次に「たのしみキャンバス」のプランを紹介します。

たのしみキャンバスは 大学入学時から毎年年金が支払われていくプランです。

基本年金額 50万円の場合

年金支払
開始年齢
18歳 19歳 20歳 21歳 22歳
年金額 100万円 50万円 50万円 50万円 50万円

たのしみキャンバスは上記の図を見ると分かるかと思いますが。

しくみが特殊です。

学資保険のしくみではなくて「個人年金」のしくみを利用しているのです。

住友生命では「学資積立保険」として取り扱っています。

保険期間は22歳の1種類のみで、

大学進学時の18歳から5年間、毎年年金を受け取ることになります。

個人年金の形で言ったら、「5年確定年金」ということになります。

この年金を受け取る時期を大学進学時に合わせて22歳の大学卒業まで毎年受け取れる形に

したのが、たのしみキャンバス。

年金=学資祝金ということになります。

プランをみますと、大学進学時(18歳)に一番多い金額が受け取れます。

基本年金額の200%です。

何と言っても大学進学時が一番お金がかかりますから重点を置きました。

翌年の19歳~22歳までの4年間は、基本年金額の1000%を受け取れます。

上記の例ですと。

100万円+50万円✕4=300万円

全部で300万円を受け取ることが出来ます。

大学進学時に焦点をあてて、大学在学中にも受け取りたい人向けです。

では。

たのしみキャンバスの基本情報をお伝えします。

<基本情報>

保険料払込期間 10歳~18歳
保険期間 22歳
契約者加入年齢 不問
被保険者加入年齢 0歳~8歳
保険料払込方法 月払・半年払・年払
保険料払込免除 なし
育英年金特約 なし
こども医療特約 なし
・保険料払込期間は

10歳の短期払から18歳までの払込期間を選択できます。

・保険期間は

22歳の1種類のみです。

・契約者加入年齢は

たのしみキャンバスは個人年金保険なので、契約者に制限がありません。

ですから契約者の告知も不要になります。

・被保険者加入年齢は

8歳まで取り扱っていますので、途中で思い立って積立を始めることが出来ます。

こどもすくすく保険は9歳まででしたので、住友生命の学資保険は被保険者の年齢の幅が

広いですね。

・保険料払込免除特約

ありません。

学資保険で貯蓄重視型の保険でも、最低限「保険料払込免除特約」は

ついているのが通常なのですが。

たのしみキャンバスは保険のしくみ上、つけることが出来ません。

ですから、契約者に万が一のことがあっても保険料は払い続けなければ

ならないことになります。

・こどもの医療特約

特約関係は一切ありません。

明治安田生命の学資保険プラン

明治安田生命の学資保険プランは人気が高いです。

2016年10月の発売以来、販売件数がナント! 100万件を突破しています。

(2019年3月末時点での件数です。)

返戻率が高いと言われています。

明治安田生命の学資保険は「つみたて学資」と言います。

明治安田生命の学資保険は「つみたて学資」1種類のみ。

しかも、学資金の受け取りプランも1種類と非常にシンプルです。

このシンプルさが人気の理由のひとつになっているのかも?

的を絞ったカタチの学資保険となっています。

つみたて学資は。

大学進学時と大学在学中に毎年教育資金を受け取れるタイプです。

☆教育資金・満期保険金<21歳満期>    基準保険金額 50万円の場合

学資金受取時期 18歳 19歳 20歳 21歳
教育資金・満期保険金   50万円 50万円 50万円 50万円

満期は21歳満期のみ。

大学進学時から教育資金・満期保険金を基準保険金額の100%✕4回受け取れます。

平均した金額で教育資金を受け取るプラン。

上記の例で見ると。

基準保険金額 50万円の場合 50万円✕4回=200万円の受取り総額となります。

一番お金のかかる大学進学時から大学在学中に学資金を受け取りたい人向けです。

次に。

「つみたて学資」の基本情報を見ていきましょう。

<つみたて学資 基本情報>

保険料払込期間 10歳・15歳(被保険者年齢0~2歳の時)
15歳   (被保険者年齢3~6歳の時)
保険期間 21歳
保険料払込方法 月払・半年払・年払
契約者加入年齢 18歳~45歳
(被保険者が2歳以上の場合は~40歳まで)
被保険者加入年齢 0~6歳
保険料払込免除 あり(死亡・高度障害)
育英年金特約 なし
こども医療特約 なし

明治安田生命の「つみたて学資」の契約条件はかなり的を絞った内容になっています。

・保険料払込期間は

10歳・15歳のみ。

しかも、10歳の短期払いは被保険者が2歳までと限られています。

返戻率を考慮してこのようにしたのでしょう。

・保険期間は

21歳の1種類のみ。

大学時に的をしぼっていることが分かります。

・保険料払込方法は

月払・半年払・年払です。

全期前納も取り扱っていますので後ほどお知らせします。

・契約者の加入年齢は

45歳までと短いです。

契約者は親までとなるでしょう。

・被保険者加入年齢は

6歳までです。

・保険料払込免除特約は

あります。

契約者の「万が一」の保障の範囲は。

死亡時と身体障害表の第1級・第2級の障害状態になった時に該当となります。

・こども医療特約は

ありません。

ご覧いただくと分かりますが、

全てにおいてとてもシンプルな設計です。

住友生命はプランが2つあったり、さまざま選択する形ですので比較しやすいですね。

大学入学時からの保障が欲しい

保障は保険料払込免除があればいい。

15歳までで保険料の支払いを終えたい。

など、あらかじめ方向性が決まっている人は。

的が絞られている明治安田生命の「つみたて学資」は加入しやすいと言えます。

保障重視型と貯蓄重視型、どちらにあてはまるのか?

住友生命「こどもすくすく保険」は貯蓄重視型

住友生命「たのしみキャンバス」は貯蓄重視型

明治安田生命「つみたて学資」は貯蓄重視型

3つとも貯蓄重視型となります。

住友生命と明治安田生命学資保険を徹底比較

では、住友生命と明治安田生命の学資保険を徹底比較していきましょう。

  1. 返戻率
  2. 保障

2つで比較していきたいと思います。

返戻率が高いのはどっちの学資保険?

返戻率を比較する前に。

返戻率についてお伝えしましょう。

学資保険の「返戻率」とは。

支払った総保険料額に対して、受け取った総金額(学資祝金や満期保険金の合計額)と比べた割合いの事です。

式で表すと次のとおりです。

受け取った総金額÷支払保険料総額✕100=返戻率

 

具体的に見てみましょう。

1.満期時に学資金・満期保険金総額が310万円 支払保険料総額が300万円だとすると。

310万÷300万✕100=103%
返戻率=103%

 

返戻率が103%ですから、元本よりも増えていることになります。

2.満期時に学資金・満期保険金総額が290万 支払保険料総額が300万円だとすると。

290万÷300万✕100=96%
返戻率=96%

 

返戻率が96%と100%を切っていますので、元本割れしていることになります。

学資保険に貯蓄重視型を求めている人は、返戻率が高い学資保険を選ぶ方が多いです。

なお。

返戻率を高くするポイントがあります。

  1. 保険料払込期間を短くする
  2. 保険料の払込方法を月払ではなく年払にする

上記2点が基本になります。

保険料をできるだけまとめて短期間に支払うと。

保険料が安くなり、結果として返戻率アップにつながります。

ただし。

短期間に保険料をまとめて支払うとなると。

1回当たりに支払う保険料は大きな金額になります。

長期間に渡って支払える金額なのかも考えて決めましょう。

返戻率だけ重視して保険料を支払えなくなるのは元も子もありません。

さて。

学資保険に加入する人は各社の「返戻率」を比較して、返戻率の高い学資保険に契約を

する人が多いです。

学資保険にとって「返戻率」は重要です。

それでは住友生命と明治安田生命の学資保険の「返戻率」を見ていきましょう。

住友生命学資保険「こどもすくすく保険」の返戻率

ではまず、住友生命学資保険「こどもすくすく保険」の返戻率を見ていきましょう。

<契約条件①>
契約者 男性30歳
被保険者(子ども)0歳
保険料払込期間 18歳
保険期間 22歳満期
払込方法 月払
保険料 13,764円
基本保険金額 200万円

 

払込保険料総額 2,973,024円
受取学資金総額 3,000,000円
返戻率 100.9%

 

保険料払込期間を18歳にして計算してみると返戻率は100.9%。

元本をようやくキープしています。

<契約条件②>
契約者 男性30歳
被保険者(子ども)0歳
保険料払込期間 12歳
保険期間 22歳満期
払込方法 月払
保険料 20,228円
基本保険金額 200万円

 

払込保険料総額 2,912,832円
受取学資金総額 3,000,000円
返戻率 102.9%

 

契約条件①の保険料払込期間を12歳と短くしてみると。

返戻率が100.9%→102.9%と上がりました。

<契約条件③>
契約者 男性30歳
被保険者(子ども)0歳
保険料払込期間 12歳
保険期間 18歳満期
払込方法 月払
保険料 16,384円
基本保険金額 200万円

 

払込保険料総額 2,359,296円
受取学資金総額 2,400,000円
返戻率 101.7%

 

契約条件②の保険期間を22歳→18歳と短くしてみると。

返戻率が102.9%→101.7%と下がります。

保険期間が長い方が返戻率は高いことが分かります。

保険料で比較してみると。

契約条件①のように保険料払込期間を長くすると1回の保険料の負担は減ります。

月々13,000円台。

こどもすくすく保険は子どもの医療特約が充実しています。

基本保険金額をさらに下げて保険料を下げて医療保障をつけて保障にシフトして考える。

そんな方法も考えることが出来る学資保険と言えましょう。

住友生命「たのしみキャンバス」の返戻率

次に、住友生命の「たのしみキャンバス」の返戻率です。

<契約条件①>
契約者 男性30歳
被保険者(子ども)0歳
保険料払込期間 12歳
保険期間 22歳満期
払込方法 月払
保険料 16,116円
基本年金額 40万円

 

払込保険料総額 2,320,704円
受取学資金総額 2,400,000円
返戻率 103.4%

 

こどもすくすく保険の契約条件②とほぼ同様の内容で計算してみると。

たのしみキャンバスは返戻率は103.4%。

こどもすくすく保険は返戻率が102.9%。

たのしみキャンバスは保障が付いていない分、返戻率はアップしていました。

<契約条件②>
契約者 男性30歳
被保険者(子ども)0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 18歳満期
払込方法 月払
保険料19,216円
基本年金額 40万円

 

払込保険料総額 2,305,920円
受取学資金総額 2,400,000円
返戻率 104.0%

 

契約条件①の保険料払込期間を10歳と一番短くしてみました。

返戻率は103.4%→104.0%と0.6%アップしました。

しかし。

たのしみキャンバスは「保険料払込免除特約」がついていません。

契約者(親)に万が一の事があった場合の保障がないので

保険料は払い続けていかなければなりません。

保障が全くない点を考慮して選んでください。

ここでひとつ参考までに。

【A】「たのしみキャンバス」
【基本年金額 40万円の場合】
【B】「たのしみキャンバス」
【基本年金額 60万円の場合】
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 18歳
保険期間 22歳
払込方法 月払
保険料 11,016円
基準学資金額 40万円
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 18歳
保険期間 22歳
払込方法 月払
保険料 16,440円
基本年金額 60万円
払込保険料総額  2,379,346円
受取学資金総額 240万円
返戻率 100.8%
払込保険料総額   3,551,040円
受取教育資金総額 360万円
返戻率 101.3%

同条件で基本年金額を A 40万円 B 60万円にして比較してみました。

すると返戻率は A=100.8% B=101.3% と返戻率に違いが出ました。

何故か。

たのしみキャンバスには「たのしみランク」という保険料割引制度があるからです。

月払保険料15,000円以上になると保険料が割安になるため、返戻率が上がったと

いうわけです。

0.5%でも大きいですから、たのしみランクのことも頭に入れておいてくださいね。

明治安田生命学資保険「つみたて学資」の返戻率

次に。

明治安田生命の学資保険「つみたて学資」を見ていきましょう。

<契約条件①>
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 15歳
保険期間 21歳
払込方法 月払
保険料 10,814円
基準保険金額 50万円

 

払込保険料総額 1,946,520円
受取教育資金総額 200万円
返戻率 102.7%

 

基準保険金額を50万円、保険料払込期間を一番長い15歳で計算した場合。

返戻率は102.7%。

保険料払込期間が一番長くても元本はキープしています。

しかも保険料が月に1万円と非常に掛けやすい金額。

15歳と言うと義務教育中に保険料をかけ終われます。

児童手当を保険料に充てるようにするとムリなく掛けていけますね。

返戻率も大事ですが、「ムリなく掛けていける」ことも大事ですね。

そういう意味で良いプランではないでしょうか。

<契約条件②>
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 15歳
保険期間 21歳
払込方法 月払
保険料 15,995円
基準保険金額 75万円

 

払込保険料総額 2,879,100円
受取教育資金総額 300万円
返戻率 104.1%

 

基準保険金額を50万円→75万円に上げてみました。

あとは同条件です。

すると。

返戻率が102.7%→104.1%と1.4% 上がりました。

明治安田生命の学資保険は基準保険金額が「70万円以上」の場合。

「保険料の高額割引」が適用となります。

返戻率が高くなるのでオトクですね。

では、基準保険金額が70万円以上というのはどのくらいの受け取りになるのでしょうか?

受取総額は70万円✕4=280万円になります。

上記例ですと、基準保険金額が75万円ですので、受取総額は300万円。

300万円で保険料は15,000円台。

15歳で払込終了ということは先ほども書きましたが、義務教育時で支払いが完了します。

少し頑張って月に15,000円掛けて行けるなら。

基準保険金額を70万円以上にすると、返戻率がアップするのでオトク感がアップします。

<契約条件③>
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 21歳
払込方法 月払
保険料 23,640円
基準保険金額 75万円

 

払込保険料総額 2,836,800円
受取教育資金総額 300万円
返戻率 105.7%

 

今度は、保険料払込期間を15歳→10歳と短くしてみました。

さらに返戻率は上がり、104.1%→105.7%となりました。

返戻率が105%を超える学資保険は魅力的。

ただし。

月払保険料は2万円を超えますので、ムリなく支払えるかも考慮してください。

<契約条件④>
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 21歳
払込方法 年払 全期前納
保険料 2,751,781 円
基準保険金額 75万円

 

払込保険料総額 2,751,781 円
受取教育資金総額 300万円
返戻率 109.0%

 

契約条件④は。

契約条件③の条件のうち、保険料の払込方法を「全期前納」にした場合です。

「全期前納払」とは。

契約時に保険料払込期間分の保険料を一気に支払ってしまう払込方法です。

明治安田生命では「全期前納払」を取り扱っており、保険料がかなり安くなります。

上記例ですと、10年分の保険料を一気に支払うことになります。

払込保険料総額が 2,836,800円→2,751,781 円 と約85,000円も保険料が安くなります。

返戻率は 105.7%→109.0%とかなり魅力的な返戻率になっています。

ただし。

契約時に一気に270万円を支払うというのは、まとまった貯蓄のある人でないとムリですね。

まとまったお金のある人限定の支払い方法ですが、返戻率ではとても魅力があります。

貯蓄などがある人は是非利用してみてください。

返戻率の比較まとめ

3つの学資保険の返戻率を比べてみました。

3つとも元本を割れることなく、増えていましたが。

一番返戻率が高かったのは明治安田生命の「つみたて学資」でした。

全期前納払をすると109%台が出るのはとても魅力を感じます。

保障が手厚いのはどっちの学資保険?

では、次に保障について住友生命と明治安田生命の学資保険を比較してみましょう。

住友生命学資保険「こどもすくすく保険」の保障

保障は次の3つです。

  1. 保険料払込免除特約あり
  2. 子どもの死亡給付金あり
  3. 子どもの医療特約を付加できる

ひとつずつ説明します。

1.保険料払込免除特約あり

契約者(親)に万が一の事があった場合、保険料の払込が免除されます。

学資祝金は契約通り100%受け取る事が出来ます。

なお。

住友生命の保険料払込免除特約の契約者の「万が一」のことの範囲は次の3つです。

a.死亡

b.高度障害状態(傷害または疾病が原因)

c.不慮の事故による傷害が原因で障害状態になった時

bの「高度障害状態」とは約款に記されている次の一覧表を参照してください。

【対象となる高度障害状態】

1.両眼の視力をまったく永久に失ったもの
2.言語またはそしゃくの機能をまったく永久に失ったもの
3.両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用をまったく永久に失ったもの
4.両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用をまったく永久に失ったもの
5.1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用をまったく永久に失ったもの
6.1上肢の用をまったく永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの
7.中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの

 

参考サイト→こどもすくすく保険約款「別表1」/住友生命

cの「障害状態」とは約款に記されている次の一覧表を参照してください。

【対象となる障害状態】

1.1眼の視力をまったく永久に失ったもの
2.両耳の聴力をまったく永久に失ったもの
3.脊柱に著しい奇形または著しい運動障害が永久に残ったもの
4.1上肢を手関節以上で失ったもの
5.1下肢を足関節以上で失ったもの
6.1上肢の用または1上肢の3大関節中の2関節の用をまったく永久に失ったもの
7.1下肢の用または1下肢の3大関節中の2関節の用をまったく永久に失ったもの
8.1手の第1指(母指)および第2指(示指)を含んで4手指を失ったもの
9.10手指の用をまったく永久に失ったもの
10.10足指を失ったもの

参考サイト→こどもすくすく保険約款「別表2」/住友生命

こちらは住友生命が定めた基準によるものです。

2.子どもの死亡給付金あり

被保険者(子)が死亡した場合。

死亡給付金が支払われます。

死亡給付金は。

次に定める金額から、すでに支払った学資祝金相当額を差し引いた金額となります。
(月払の場合で示しています。)

計算式は下記のとおりです。

「月払保険料」×「保険料を払い込んだ回数」

 

3.子どもの医療特約を付加できる

子どもの医療特約は特約として希望により付加できます。

以下の2つを付ける事が出来ます。

  1. こども総合医療特約
  2. こども入院保障充実特約

内容を説明します。

①こども総合医療特約

病気やケガで入院・手術を受けた時に保障されます。

内容は下記表の通り。

入院・・・災害・疾病の場合、1日以上入院したとき
入院日額✕入院日数
手術・・・所定の手術を受けたとき
入院中の手術(がん以外)10~20倍
がんで入院中の手術   20~40倍
外来中の手術         5倍
放射線治療給付金・・・放射線治療を受けたとき 10倍
※倍数はいずれも入院日額に対して

 

②こども入院保障充実特約

入院したとき一時金を支払います。

こどもの医療特約は、入院1日目から給付金が支払われます。

そして、手術給付金は、入院中でなくても、外来での手術でも該当になります。

また、がんの場合の手術は保障が手厚く倍額。

放射線治療を受けた場合の保障もある等、

がんに対しての保障もついています。

子どもは病気やケガで入院しがちです。

医療特約を付けることが出来ると安心ですね。

このように、子どもの医療特約を付加することで保障が充実します。

ただし。

医療特約部分は掛け捨てになりますので。

返戻率が下がり、元本割れをおこすこともありますので注意しましょう。

☆住友生命学資積立保険「たのしみキャンバス」の返戻率

たのしみキャンバスは個人年金保険のしくみです。

保障は基本的になく、被保険者の「死亡給付金」のみです。

死亡給付金は、子どもが死亡した時に既払込保険料が支払われます。

以降の契約は消滅となります。

保険の仕組上、契約者である親の保障は全くありません。

ですから契約者である親に万一のことがあっても、保険料は支払い続けなければなりません。

ただし。

契約者が健康面で不安があり、学資保険の告知で加入出来ないなどがあった場合。

たのしみキャンバスは契約者の告知は不要ですので、加入できるメリットがあります。

明治安田生命学資保険「つみたて学資」の保障

「つみたて学資」の保障は次の2つです。

  1. 保険料支払免除特約あり
  2. 子どもの死亡給付金あり

説明します。

1.保険料支払免除特約あり

契約者に万が一のことがあった場合、以降の保険料の支払いが免除されます。

進学学資金・満期学資金は契約通り受け取れます。

明治安田生命の学資保険の契約者の「万が一」のこととは。

「死亡・所定の身体障害表の第1級・第2級の障害状態に該当したとき」に

なります。

下記身体障害表を参照ください。

◎保険料の払込免除の対象となる障害状態

<身体障害表>

等級 障害状態
第1級 1.両眼の視力を全く永久に失ったもの
2.言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
3.中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
4.両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
5.両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
6. 1 上肢を手関節以上で失い、かつ、 1 下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
7. 1 上肢の用を全く永久に失い、かつ、 1 下肢を足関節以上で失ったもの
第2級 8. 1 上肢および 1 下肢の用を全く永久に失ったもの
9.10手指を失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
10.1 肢に次のアからウまでのいずれかの身体障害を生じ、かつ、他の 1 肢に次のアからクまでのいずれかの身体障害を生じたもの
ア. 1 上肢を手関節以上で失ったかまたは 1 上肢の用もしくは 1 上肢の 3 大関節中の 2 関節の用を全く
永久に失ったもの
イ. 1 下肢を足関節以上で失ったかまたは 1 下肢の用もしくは 1 下肢の 3 大関節中の 2 関節の用を全く永久に失ったもの
ウ. 1 手の 5 手指を失ったかまたは第 1 指(母指)および第 2 指(示指)を含んで 4 手指を失ったもの
エ. 1 上肢の 3 大関節中の 1 関節の用を全く永久に失ったもの
オ. 1 下肢の 3 大関節中の 1 関節の用を全く永久に失ったもの
カ. 1 下肢が 5 センチ以上短縮したもの
キ. 1 手の第 1 指(母指)および第 2 指(示指)を失ったかまたは第 1 指(母指)および第 2 指(示指)のうち少なくとも 1 手指を含んで 3 手指以上を失ったもの
ク. 1 手の 5 手指の用を全く永久に失ったかまたは第 1 指(母指)および第 2 指(示指)を含んで 3 手指以上の用を全く永久に失ったもの
11.両耳の聴力を全く永久に失ったもの

参考サイト→無配当こども保険普通保険約款・「別表2」「身体障害表」 保険料の払込免除の対象となる障害状態/明治安田生命

一例として。

第1級では
・両眼の視力を全く永久に失ったもの

第2級では
・両耳の聴力を全く永久に失ったもの

・1上肢および1下肢の用を全く永久に失ったもの

などがあります。

こちらの身体障害表の1級・2級の方が、国の制度の症状よりも重いと考えると良いでしょう。

2.子どもの死亡給付金あり

子どもが万が一亡くなった時には死亡給付金が支払われます。

死亡給付金は次の2つのいずれかの金額が支払われます。

A.子どもが保険料払込期間中に死亡したとき

月掛保険料✕経過年月数

B.子どもが保険料払込期間満了後の保険期間中に死亡したとき

a.bのいずれか大きい方の金額が支払われます。

a .月掛保険料✕経過年月数-すでに支払い事由が発生した教育資金の合計額

b .子どもが死亡した日の積立金相当額

保障の比較まとめ

3つの学資保険を見てみましたが。

3つとも貯蓄重視型の学資保険ですが。

保障が一番大きいのは、子どもの医療保険を付加することのできる

住友生命の「こどもすくすく保険」でした。

住友生命と明治安田生命、それぞれの加入シミュレーション

それでは住友生命と明治安田生命の学資保険の加入シミュレーションをしていきましょう。

契約条件はできるだけ近い条件で比較していきます。

比較するのは次の4点。

  1. 返戻率
  2. 契約条件
  3. 学資金の受け取り方
  4. 保障

ひとつずつ見ていきましょう。

1.返戻率

<契約条件①>

【A】住友生命
「たのしみキャンバス」
【B】明治安田生命「つみたて学資」
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 22歳
払込方法 月払
保険料 19,216円
基本年金額 40万円
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 21歳
払込方法 月払
保険料 15,910円
基準保険金額 50万円
払込保険料総額 1,894,728円
受取学資金総額 200万円
返戻率 104.0%
払込保険料総額 2,305,920円
受取教育資金総額 240万円返戻率 104.7%

契約条件①は保険料払込期間を一番短い10歳で計算してみました。

すると。

【A】住友生命「たのしみキャンバス」の返戻率は104.0%

【B】明治安田生命「つみたて学資」の返戻率は104.7%

ほぼ互角の返戻率となりました。

<契約条件②>

【A】住友生命
「たのしみキャンバス」
【B】明治安田生命「つみたて学資」
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 22歳
払込方法 月払
保険料 28,824円
基本年金額 60万円
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 21歳
払込方法 月払
保険料 23,640円
基準保険金額 75万円
払込保険料総額 3,458,880円
受取教育資金総額 360万円
返戻率 104.0%
払込保険料総額 2,836,800円
受取学資金総額 300万円
返戻率 105.7%

契約条件②は契約条件①の基準保険金額(基本年金額)を上げてみました。

すると。

【A】住友生命「たのしみキャンバス」の返戻率は104.0%と変わらず。

【B】明治安田生命「つみたて学資」の返戻率は105.7%と1%上がりました。

これは。

明治安田生命の「つみたて学資」は保険料の高額割引制度があります。

基準保険額が75万円以上になると保険料が割り引きになります。

そのため、返戻率が上がるという訳です。

ちなみに。

住友生命の「たのしみキャンバス」にも「たのしみランク」という保険料割引制度があります。

月払保険料が15,000円以上で割り引きになっています。

返戻率で言うと、0.5%ほど上がります。

契約条件①は既に保険料が15,000円以上ですので、たのしみランク適用済でこの返戻率でした。

したがって、この返戻率以上に上がることはありませんので承知おきください。

<契約条件③>

【B】明治安田生命「つみたて学資」
契約者 男性 30歳
被保険者 子ども 0歳
保険料払込期間 10歳
保険期間 21歳
払込方法 年払 全期前納払
保険料 2,751,781 円
基準保険金額 75万円
払込保険料総額 2,751,781 円
受取学資金総額 300万円
返戻率 109.0%

契約条件③は契約条件②を【B】明治安田生命「つみたて学資」を全期前納で支払った場合です。

返戻率が 105.7%からさらに上がり、109.0%と非常に高い返戻率になりました。

返戻率は明治安田生命の「つみたて学資」が魅力的な事が分かります。

返戻率は

つみたて学資>たのしみキャンバス>こどもすくすく保険

 

となります。

2.契約条件

次に。

3種類の学資保険の契約条件の比較一覧表です。

<契約条件比較表>

【A】
住友生命「こども
すくすく保険」
【B】
住友生命
「たのしみキャンバス」
【C】
明治安田生命
「つみたて学資」
保険料
払込期間
12歳・15歳・18歳 10~18歳 10歳・15歳
(被保険者が3歳~は
15歳のみ)
保険期間 18歳・22歳 22歳 21歳
保険料
払込方法
年払・半年払・月払 年払・半年払・月払 年払・半年払・月払
契約者
加入年齢
男性 18歳~69歳
女性 16歳~75歳
不問 18歳~45歳
(被保険者が2歳以上は
40歳まで)

被保険者

加入年齢

0歳~9歳 0歳~8歳 0歳~6歳

・保険料払込期間は

【A】住友生命「こどもすくすく保険」は小中高の卒業時期に合わせて12歳・15歳・18歳。

【B】住友生命「たのしみキャンバス」は10歳~18歳と自由に設定できます。

【C】明治安田生命「つみたて学資」は10歳と15歳ですが、被保険者が3歳以上の時は15歳のみ。

・保険期間は

【A】住友生命「こどもすくすく保険」は高校卒業の18歳と大学卒業の22歳の2種類。

【B】住友生命「たのしみキャンバス」は大学卒業の22歳のみ。

【C】明治安田生命「つみたて学資」は21歳のみ。

・保険料払込方法は

3種類とも年払・半年払・月払です。

・契約者加入年齢は

【A】住友生命「こどもすくすく保険」は男性69歳・女性75歳と幅が広いです。

おじいちゃん・おばあちゃんが孫に掛けてあげることができます。

【B】住友生命「たのしみキャンバス」は年齢不問。

【C】明治安田生命「つみたて学資」は45歳までですが、被保険者が2歳以上の時は40歳まで。

幅が狭くなっています。

親のみが契約者になれる年齢ですね。

このように。

契約条件がかなり絞り込まれているのが【C】明治安田生命「つみたて学資」と言えます。

3.学資金の受け取り方

学資金の受取り方を比べてみましょう。

【A】住友生命「こどもすくすく保険」

<22歳満期>                   <基本保険金額 200万円の場合>

学資・満期祝金

受取時期

12歳 15歳 18歳 22歳
学資・満期祝金 20万円 20万円 60万円 200万円

【B】住友生命「たのしみキャンバス」

<22歳満期>                  <基本年金額 50万円の場合>

年金支払

開始年齢

18歳 19歳 20歳 21歳 22歳
年金額 100万円 50万円 50万円 50万円 50万円

【C】明治安田生命「つみたて学資」

<21歳満期>             基準保険金額 75万円の場合

学資金受取時期 18歳 19歳 20歳 21歳
教育資金・満期保険金   75万円 75万円 75万円 75万円

【A】住友生命「こどもすくすく保険」は。

中学校・高校・大学入学時に学資祝金を受取り、満期時に満期祝金を受け取ります。

中学・高校入学時は基本保険金額の10%と少なめの学資祝金を

大学入学時は基本保険金額の30%の多めの学資祝金が、

そして満期には基本保険金額の100%の満期祝金が受け取れます。

上記例で行くと受取総額は300万円となります。

【B】住友生命「たのしみキャンバス」は。

大学進学時から毎年年金として受け取ることが出来ます。

大学入学時には大きく基本年金額の200%の受取りが。

翌年から4年間は基本年金額の100%を受け取ります。

上記例で行くと受取総額は300万円となります。

大学時に焦点をしぼった学資積立保険となっています。

【C】明治安田生命「つみたて学資」は。

大学進学時から毎年教育資金を受け取る事が出来ます。

金額は基準保険金額の100%ずつ✕4回。

上記例でいくと受取総額は 300万円になります。

大学時に焦点をしぼった学資保険です。

3つを比較すると、【B】「たのしみキャンバス」と【C】「つみたて学資」は

大学に焦点をしぼって毎年受け取れるので形は似ています。

受取りの割合いと回数が違うという感じです。

いつ学資金を受け取りたいか、アナタのニーズに合わせて選んでみてください。

4.保障

それでは保障について見ていきましょう。

【A】住友生命「こどもすくすく保険」

1.保険料払込免除特約
a.死亡
b.高度障害状態(傷害または疾病が原因)
c.不慮の事故による傷害が原因で障害状態になった時
2.子どもの死亡給付金
3.子どもの医療特約を付加できる
a.こども総合医療特約
b.こども入院保障充実特約

【B】住友生命「たのしみキャンバス」

1.子どもの死亡給付金

【C】明治安田生命「つみたて学資」

1.保険料払込免除特約
a.死亡
b.当社で定める身体障害表の第1級・第2級の障害状態
2.子どもの死亡給付金

 

3種類とも貯蓄型の学資保険ですが。

保障は違っています。

【A】「こどもすくすく保険」と【C】「つみたて学資」は

どちらも保険料払込免除特約があります。

適用範囲も比べてみましたがほぼ同じでした。

さらに【A】「こどもすくすく保険」には子どもの医療が付加できます。

【B「たのしみキャンバス」は子どもの死亡給付金のみ。

したがって保障は

こどもすくすく保険>つみたて学資>たのしみキャンバス

 

となります。

住友生命と明治安田生命、それぞれのメリット・デメリット

ここまでお伝えしてきたことを元に。

住友生命と明治安田生命の学資保険のメリット・デメリットやポイントをまとめていきましょう。

住友生命のメリット・デメリットとその他のポイント

ではまず、住友生命の学資保険のメリット・デメリットとポイントをまとめてみましょう。

メリット・デメリットについては住友生命の学資保険は保険のしくみが全く違いますので。

「こどもすくすく保険」「たのしみキャンバス」と分けてお伝えします。

住友生命の学資保険「こどもすくすく保険」のメリット

  1. 保険料払込免除特約がある
  2. 学資祝金は自動的に据え置かれる
  3. たのしみランクがある
  4. 5年ごとに配当金がつく
  5. 子どもの医療特約が付けられる

ひとつずつ見ていきましょう。

1.保険料払込免除特約がある

こどもすくすく保険は保険料払込免除特約があります。

契約者に万が一のことがあった場合に以降の保険料の払込が免除されます。

学資祝金や満期祝金は契約通り100%受け取ることが出来ますので安心です。

なお。

契約者に万が一のことがあった場合の「万が一」の範囲は次の3つ。

a.死亡

b.高度障害状態(傷害または疾病が原因)

c.不慮の事故による傷害が原因で障害状態になった時

保障重視の学資保険ですが、高度障害や不慮の事故による傷害が原因の傷害状態も該当に

なるのは保障内容が若干良いと言えます。

2.学資祝金は自動的に据え置かれる

学資祝金は請求しない限り、自動的に据え置かれます。

こどもすくすく保険では学資祝金が中学・高校・大学進学時に受け取れますが。

例えば中学・高校時には受け取らないで、一番お金のかかる大学進学時にまとめて

受け取りたい。

そういう時は、自動据え置きにしておけば良いので便利です。

利率は年0.01%です。

明治安田生命の10倍利率が高くなっています。

3.たのしみランクがある

こどもすくすく保険には「たのしみランク」があります。

「たのしみランク」とは保険料割引制度の愛称。

月払保険料で15,000円以上の場合に適用されます。

詳しくは提示された「設計書」をご覧くださいとの事。

実際に計算してみると返戻率は約0.5%上がりました。

月払保険料が15,000円以上ですと、通常よりも安い利率の保険料で加入出来ることを

覚えておきましょう。

4.5年ごとに配当金がつく

配当金が5年ごとにつきます。

運用が上手くいった時には配当金が受け取れるのは嬉しいですね。

5.子どもの医療特約が付けられる

こどもすくすく保険には子どもの医療特約が「特約」として付ける事が出来ます。

内容は次の2つ。

a.こども総合医療特約・・・入院給付金・手術給付金

b.こども入院保障充実特約・・・入院した時の一時金

子どもは病気やケガをしがちです。

病気やケガで入院した1日目から保障されるのは安心ですね。

また、手術は入院中の手術だけでなく、通院のみの手術も該当になります。

住友生命の学資保険「こどもすくすく保険」のデメリット

ではデメリットはどうでしょうか。

次の2つです。

  1. 短期払がない
  2. クレジットカード払いがない

ひとつずつ説明します。

1.短期払がない

こどもすくすく保険は小学校・中学校・高校卒業に合わせた保険料払込期間になっています。

12歳・15歳・18歳です。

ですから、5年や10年の短期払がないのが残念な点です。

2.クレジットカード払いがない

クレジットカード払いは残念ながら取り扱っていません。

住友生命の学資積立保険「たのしみキャンバス」のメリット

次に、住友生命学資積立保険「たのしみキャンバス」のメリットを見ていきましょう。

  1. 契約者の健康告知が不要
  2. 5年ごとに配当金がつく

説明します。

1.契約者の健康告知が不要

たのしみキャンバスは個人年金保険のしくみとなっている学資積立保険です。

ですから契約者の保障は一切なく、被保険者の保障となります。

従って、契約者の健康告知は不要。

親の健康状態に不安があり、申し込みをしても保険契約を断られるケースも。

そのような方はたのしみキャンバスに申し込みしましょう。

安心して子どもの教育資金を貯めることができます。

2.5年ごとに配当金がつく

こどもすくすく保険同様、5年ごとに配当金がつきます。

住友生命の学資保険「たのしみキャンバス」のデメリット

では、デメリットはどうでしょうか。

次の2つです。

  1. 保険料払込免除特約がない
  2. クレジットカード払いがない

説明します。

1.保険料払込免除特約がない

たのしみキャンバスは個人年金保険の形態になっていますから、保険料払込免除特約がありません。

学資保険には最低限必須と言われている「保険料払込免除特約」。

たのしみキャンバスにはついていませんので、親に万が一のことがあった時に保険料が免除されません。

亡くなった後も保険料を払い続けていかなければならないのは大変ですね。

生活環境が変わってしまう訳ですから、保険料が払っていけない事も十分考えられます。

したがって、学資保険として加入するのであればデメリットとなっています。

2.クレジットカード払いがない

クレジットカード払いは残念ながらありません。

住友生命学資保険のポイント

それでは住友生命学資保険のポイントをまとめましょう。

次の6つです。

  1. 「こどもすくすく保険」「たのしみキャンバス」の2種類あり
  2. こどもの医療特約が充実(こどもすくすく保険)
  3. クレジットカード払いはできない
  4. 学資祝金は自動据え置きされる
  5. スミセイ未来応援活動でアフターフォローができる
  6. キャンペーンについて・未来応援サービスについて

ひとつずつ説明します。

1.「こどもすくすく保険」「たのしみキャンバス」の2種類あり

住友生命の学資保険は2種類あります。

学資祝金を受取り、保障つきの学資保険「こどもすくすく保険」

個人年金のしくみを利用した学資積立保険「たのしみキャンバス」です。

「こどもすくすく保険」は

中学・高校・大学入学時に学資祝金を受け取れます。

保険料払込免除特約がついています。

「たのしみキャンバス」は

個人年金保険のしくみを利用した学資積立保険です。

大学入学時(18歳)から大学卒業(22歳)時まで毎年年金を

受け取る事ができます。

全部で5回受け取ることになります。

保険料払込免除特約はありません。

2.こどもの医療特約が充実(こどもすくすく保険)

こどもすくすく保険はこどもの医療特約が付加できます。

総合医療特約と入院保障充実特約の2つです。

ケガの時だけでなく病気も該当すること。

通院での手術も該当すること。

がんの時に手厚い給付金になっていること。

入院一時金の支払いがあること。

等、子どもの医療が充実しています。

3.クレジットカード払いはできない

生命保険に加入している人は、保険料支払方法を「クレジットカード払い」を

選択する人が多いです。

口座振替の場合と同様、口座から引き去りされるのですが。

口座振替の場合は何も特典がありませんが、クレジットカード払いはポイントがつくので

人気があります。

クレジットカード払いが出来ないのは残念な点です。

4.学資祝金は自動据え置きされる

学資祝金は申し出がない限り、自動据え置きされます。

必要な時にいつでも請求して受け取ることが出来ます。

5.スミセイ未来応援活動でアフターフォローができる

住友生命では。

アフターフォローも万全です。

契約しているお客のもとへ担当者が「定期訪問」をしています。

アナタの未来を応援する住友生命。

未来応援活動は次の3つです。

  1. 契約内容の確認
  2. 必要な手続きがないか確認
  3. 最新情報の提供

説明します。

1.契約内容の確認

保険契約は加入した時は分かっていたつもりでも。

日にちが経つと忘れてしまいますよね。

そこで。

住友生命ではアナタが加入している保険の契約内容を再度説明しに担当者が来てくれます。

また、年に1回「スミセイ安心だより」が郵送されます。

安心だよりの中には

被保険者(保険の対象となる人)は誰か?

特約や保障の内容は?

など、保険の内容を確認出来るようになっています。

2.必要な手続きがないか確認

手続き漏れがないかを確認してくれます。

「給付金の請求忘れはありませんか?」

と言われて、ア!っと思って聞いてみると。

「入院しないで通院での白内障の手術だったから出ないんでしょう?」

と念のため聞いてみたら、通院だけの手術も該当になった。

というケースもあります。

ひと声掛けてもらえると、改めて確認が出来るのでありがたいサービスですね。

3.最新情報の提供

生命保険は日々、成長をしています。

内容が現在のニーズに合わせて変化をしています。

ですから。

住友生命の新商品や新しいサービスのお知らせをしています。

さらに。

アナタの状況が分かりやすいために。

「スミセイ未来応援カルテ」というものがあります。

未来応援カルテは下記のような簡単な質問形式になっています。

Q1.契約者ご本人さまのお届け事項にお変わりはございませんか?
Q2.入院給付金請求など、必要なお手続きはございませんか?
Q3.ご家族状況にお変わりはございませんか?

 

また、担当者が住友生命の携帯端末「Life」を持参して確認する

ことも出来るんです。「e-カルテ」と言います。

こんな感じで対面で直接確認出来るサービスはドンドンやって欲しいですね。

6.キャンペーンについて・未来応援サービスについて

住友生命では現在はキャンペーンは特に行っていません。

しかし。

「未来応援サービス」という、とてもステキなサービスを行っています。

住友生命の契約者の皆さんにうれしい『特典』を準備!

ひとつめは。

「ライフステージギフト」。

出生・小学校・中学校入学・就職・結婚・還暦などのライフイベント時に

プレゼントしてもらえます。

しかも対象者は契約者本人だけではありません。

配偶者・子ども・孫・両親までが該当になるんです。

特に両親や孫までって嬉しいですよね!

家族の未来を一緒にお祝いしてくれるステキなギフト。

対象のライフイベントを一覧表にしてみました。

下記の表の○印がついているところが該当となります。

対象者 出生 小学校

入学

中学校

入学

就職 結婚 還暦
契約者
   配偶者
子ども
両親

※2020年3月24日~2021年3月22日までの間のライフイベントが対象です。

ギフトは次の2種類から選んでください。

「住友生命さんからのお祝いよ!」

と、両親にペアの湯呑茶碗を渡すのも嬉しいですね!

ずっと家族ぐるみで付き合いたい気持ちにさせてくれます。

ふたつめは。

その名は「スミセイ・マイル」。

スミセイ・マイルは魅力的。

スミセイ・マイルを貯めると。

次の3つの方法で品物がもれなくもらえたり寄付出来たり。

抽選にアタック・チャンス!出来ちゃったりします。

1.ドリームチャンスコース(抽選)
2.寄付(がんに関する活動団体へ寄付)
3.スミセイ・マイルギフトと交換(もれなく)

 

ひとつずつ内容を説明します。

1.ドリームチャンスコース(抽選

ドリームチャンスコースは抽選ですので、商品が豪華!

1口5マイルで応募出来ますので、気軽に参加できます。

現在の商品は下記の通りです。

  • ダイソンのコードレスクリーナー
  • 象印の圧力IH炊飯ジャー
  • パナソニックの加湿空気清浄機
  • テントetc

あったら嬉しい家電製品やアウトドア商品など。

抽選は年に4回ありますから年に4回チャンスがあります。

是非、応募してみてはいかがでしょうか。

2.寄付(がんに関する活動団体へ寄付)

抽選よりも、スミセイ・マイルを社会貢献活動のために寄付したいという方は。

1口1円でがんに関するさまざまな活動を行う団体へ寄付が出来ます。

保険に加入していてちょっと良い事が出来るというのも助け合いの精神でステキですね。

3.スミセイ・マイルギフトと交換(もれなく)

抽選よりも、確実に品物が欲しいなと言う方のために。

「スミセイ・マイルギフト」と交換してもらえます。

アンケートなどに答えて、スミセイ・マイルをコツコツ貯めて、

下記商品と交換しましょう。

ポイント数に応じて好きな者と交換できます。

電気ケトルやヘアードライヤー、健康応援商品など、欲しいものと交換してくださいね!

このように魅力がタップリのスミセイ・マイルですが。

どうやってスミセイ・マイルを貯めるかというと下記の5つの方法で貯める事が出来ます。

1.未来応援活動への協力・・・5マイル
2.ライフイベントの確認・・・20マイル
3.家族を被保険者とした新たな契約に加入・・・10マイル
4.紹介による契約の成立・・・10マイル(友人で既契約なしの場合は10マイル✕5年)
5.スミセイ・マイルアンケート・・・5マイル

 

契約の紹介や契約に家族が加入するというケースはなかなかないと思いますが。

Aの未来応援活動として、未来応援カルテで契約内容の確認をする。

Bのライフイベントを確認する。

(ライフイベントは家族の出生・入学・就職・結婚・還暦など。)

Eのスミセイ・マイルアンケートに答える。

この3つなら気軽に貯めることが出来そう。

Bのライフイベントを確認すると。

上記で説明した「ライフイベントギフト」ももらえちゃいます。

スミセイ・マイルについて、詳しくはこちらをご覧ください→スミセイ・マイルについて

ここまで充実したサービスを受けられる保険会社、ステキですね。

ずっとお付き合いしたくなる事でしょう。

住友生命に加入した際には是非、利用してみてくださいね。

明治安田生命のメリット・デメリットとその他のポイント

では。

明治安田生命の学資保険のメリット・デメリットを見ていきましょう。

明治安田生命学資保険のメリット

明治安田生命学資保険のメリットは4つ。

  1. 返戻率が高い
  2. 保険料の高額割引がある
  3. 保険料の全期前納払がある
  4. 保険料払込免除特約の内容が若干充実

ひとつずつ見ていきましょう。

1.返戻率が高い

払込期間を15歳した月払契約の場合。

返戻率は102.7%と、元本をキープしてまずまずの返戻率を出しています。

払込期間を一番短い10歳にしてみると。

返戻率は104~105%以上と上がります。

マイナス金利政策以降で105%を超える学資保険は返戻率が高いです。

ですからメリットとなっています。

2.保険料の高額割引がある

明治安田生命の学資保険の大きな特徴として。

「保険料の高額割引」があることです。

基準保険金額が70万円以上(受取総額は280万円以上)の場合、保険料の高額割引が適用になります。

基準保険金額以外の部分を同条件で加入した場合。

基準保険金額が70万円未満の時の返戻率は104.7%に対し、

基準保険金額が70万円以上の時の返戻率は105.7%と1%も差がつきます。

保険料を多く支払える人には有利な返戻率となっています。

明治安田生命の学資保険に加入するなら。

基準保険金額を70万円以上にすることをオススメします。

3.保険料の全期前納払がある

明治安田生命の学資保険の保険料は全期前納払をすることが出来ます。

全期前納払とは。

契約する時に払込期間まで一括して保険料を支払ってしまう方法です。

そうすると保険料が安くなりますので返戻率が上がります。

同条件で加入した場合。

月払の返戻率が105.7%の時、

全期前納払の時はナント! 109.0%まで上がり大変オトクです。

ただし。

10年分以上の保険料を一気に支払うのはかなり大きな金額になります。

まとまったお金のある場合は是非利用してください。

かなり魅力的な返戻率です。

4.保険料払込免除特約の内容が若干充実

貯蓄に特化した学資保険を取り扱っている会社の学資保険は、

保険料払込免除特約の内容が最低限の保障となっている場合が多いです。

最低限の保障とは。

契約者が「死亡」の時にのみ、以降の保険料が免除となります。

しかし、明治安田生命の保険料払込免除特約は次の2つの場合に該当となります。

  • 死亡
  • 所定の身体障害表の第1級・第2級の障害状態に該当したとき

と、身体障害の状態になった場合も該当になっています。

明治安田生命の学資保険は返戻率が高水準の学資保険ですが。

保険料払込免除特約の内容も若干充実しているのはメリットとなっています。

明治安田生命のデメリット

では、デメリットはどうでしょうか。

次の5つです。

  1. 学資保険の種類・内容が狭い
  2. 契約者の年齢の範囲が狭い
  3. 保険料の払込は最高15歳で終了
  4. 子どもの医療保障がない
  5. クレジット払いができない

ひとつずつ見ていきましょう。

1.学資保険の種類・内容が狭い

明治安田生命の学資保険は「つみたて学資」1種類のみです。

内容は貯蓄重視型です。

教育資金は一番お金の掛かる大学時に焦点を充てて毎年満期まで教育資金を受け取ります。

(計4回)

教育資金の受け取り方もこの1種類のみですし、満期も21歳のみです。

シンプルという点ではメリットとして捉えることもできますが。

他のパターンを希望する方にとってはデメリットとなっています。

2.契約者の年齢の範囲が狭い

契約者の年齢の範囲は18歳~45歳までと狭い範囲になっています。

45歳までですと、親が子どもに掛けてあげる年齢範囲ですね。

おじいちゃん・おばあちゃんが孫にかけてあげることは出来ない年齢範囲となっています。

3.保険料の払込は最高15歳で終了

保険料払込期間は10歳と15歳の2種類のみと少ないです。

子どもの年齢が3歳以上の場合は15歳の1種類のみです。

お金の余りかからない義務教育時までに保険料を支払ってしまうプランしか取り扱っていません。

返戻率を重視しているというのがよく分かります。

的をしぼったプランになっており、効率が良い保険と感じられます。

しかし。

保険料を掛けやすい金額にしたいと考えている人にとって。

払込期間の長い17歳・18歳満期がないのは残念な点です。

4.子どもの医療保障がない

明治安田生命の学資保険は貯蓄に特化しているので、特約がつけられません。

学資保険に子どもの医療特約をつけたい人は多いので残念な点です。

5.クレジットカード払いができない

明治安田生命もクレジットカード払いは残念ながら取り扱っていません。

学資保険に加入している人はクレジットカード払いにしたい人が多いのですが。

明治安田生命では取り扱っていないのは残念ですね。

明治安田生命のポイント

明治安田生命の契約のポイントを4つおさえておきましょう。

  1. 教育資金・満期保険金の据え置きができる
  2. 短期払について
  3. 働く女性を応援!「My フレンズ」プレゼント情報も!
  4. 明治安田生命の契約者専用サービス「みんなの健活サービス」について

ひとつずつ説明します。

1.教育資金・満期保険金の据え置きができる

明治安田生命では教育資金と満期保険金は据え置きが出来ます。

ですから教育資金の支払時期に不要の場合は満期保険金と共に受け取ることも可能。

据え置き利率は年0.001%。

なお。

据え置き期間は満期日から5年が限度となっています。

2.短期払について

明治安田生命では以前は「5年」の短期払を取り扱っていましたが

現在は残念ながら取り扱っておらず「10年(10歳)」が一番短い払込期間となっています。

なお。

全期前納払の取り扱いがあるのが魅力となっています。

返戻率が上がりますので、余裕のある方は検討してみてくださいね。

3.働く女性を応援!「My フレンズ」プレゼント情報も!

明治安田生命では今、「輝く女性を応援!プロジェクト」として

春のMYフレンズキャンペーンを開催しています。

応募はカンタン!

MYフレンズになる(名前とメルアドだけで登録できます。)

応募する

これだけ!

抽選で下記のようなステキな賞品が当たります。

<春の安らぎコース>

「アロマパッド付きのハイブリット式加湿器」

もしくは

<春の華やぎコース>

「フラワーリップ」

どちらも癒やし効果バツグン!

女性の皆様に嬉しいプレゼントです。

キャンペーン期間は 2020.4.6~5.31までです。

明治安田生命に加入していなくても誰でも応募できるんですよ。

MYフレンズになって応募しませんか?

もちろん登録は無料です。

→春のMYフレンズキャンペーン

※MYフレンズとは

「輝く女性を応援!プロジェクト」のメンバーシップ。

女性のアナタの暮らしや人生を応援したいという気持ちから生まれました。

役立つ様々な情報を届けてくれます。

特典1 人気雑誌のWebマガジンが読める

特典2 MYフレンズ限定パーツをプレゼント

特典3 MYフレンズ限定キャンペーンあり

 

どんなことが見れるかというと。

・保険を学ぶ

・健康を考えた健活レシピ

・かしこいお金の貯め方

などなど。

私が特に興味を持ったのは「健活レシピ」。

カンタンで健康的なメニューを見ることが出来ます。

働く女性を応援するにピッタリなカンタンメニューが揃っていました。

そして、今は「おうちで過ごそう」を実践している私たちにピッタリなメニュー。

身体によい健康メニュー。

これは是非、作ってみたい!

思い立ったが吉日!

作っちゃいました。

こちらを見て作りました。→健活レシピ

「クックパッド」と「健活」レシピコンテストを開催していて

グランプリは缶詰を利用した「サバ缶でトマトと野菜の煮込み」。

家にある缶詰と家にある野菜で作ってみました。

非常にカンタン!

材料は、サバの水煮缶とトマト缶と調味料以外は、

レシピ通りではなく、家にある野菜を使いました。

タマネギ、人参、ピーマン、しめじ、にんにく。

何でもいいんです。

しめじとニンニクは冷凍してあるのでそのまま使えます。

順番に炒めるだけです!

これが予想以上にとっても美味しくて!

ステキなランチになりましたよ。

忙しい女性の大きな味方になります。

MYフレンズは気軽に利用できる楽しいサービスだと感じました。

是非、利用して明治安田生命と仲良しになりましょう。

MYフレンズのページはこちら→MYフレンズ

4.明治安田生命の契約者専用サービス「みんなの健活サービス」について

明治安田生命では契約者専用サービスとして「みんなの健活サービス」を

しています。

特に、女性に嬉しい健活サービスやさまざまなサービスを提供してくれています。

例えば。

  1. 24時間妊娠育児サービス
  2. レディスドッグ相談・予約サービス
  3. スポーツクラブ優待利用サービス

などがあります。

説明しますね。

①24時間妊娠育児サービス

妊娠・育児・出産に関しては不安なことがたくさんありますよね。

そんな時。

24時間いつでも無料で電話相談を受けてくれます。

ミルクを飲んでくれない。

泣き止まない。

つわりをラクにしたい。

などなど、不安に思ったら気軽に相談してみてください。

きっと気持ちがラクになるでしょう。

②レディスドック相談・予約サービス

全国47都道府県の提携施設から人間ドックの予約が出来ます。

女性特有の病気を組み合わせたレディースドックに関しての相談は

女性の専門スタッフが対応してくれますので、話しやすく安心です。

③スポーツクラブ優待利用サービス

最近太ってきちゃったし、健康に気をつけたいと感じたら。

スポーツクラブを優待で利用できます。

クーポンを提出すると。

セントラルスポーツや提携クラブで1回あたり500円~2,000円で

いつでも利用できます。

シェイプアップ、しませんか?

他にもたくさんのサービスがあります。

詳しくはこちらからどうぞ!→みんなの健活サービス

最後にお伝えしたいこと「新型コロナウイルス感染症」対策について

最後に。

お伝えしたいことがあります。

それは。

現在、全国、いや全世界で大変な状況になっている「新型コロナウイルス感染症」。

日々、想像以上の様子に心を痛めている人も多い事でしょう。

全国的に緊急事態宣言が出され、お店を閉めざるを得ず、

さまざまな業種の方に多大な影響を与えているコロナウイルス。

経済的にも厳しい状況に陥っている方々も大変多く。

国民が大変な思いをしている中で。

生命保険会社ではさまざまな取り組みをしています。

コロナウイルスで亡くなった方は「災害死亡扱い」にするとか

病院に入院しなくても、臨時施設や自宅療養となっても入院給付金を支払うなど

特別取り扱いをして私たちに寄り添ってくれています。

その中のひとつ。

生命保険には「貸付制度」があるのをご存じでしょうか。

今まで自分が掛けてきた保険料の中から貸付を受けることができます。

保険料は将来の支払いのために「責任準備金」という形で積立てられています。

「契約者貸付」は責任準備金の中から一時的にお金を借りることができる制度です。

金額は、解約返戻金の約8割くらいと思っていただければよいでしょう。

金額はいつでも教えてもらえますので、気軽に問い合わせしてみてください。

定期保険や医療保険は掛け捨ての保険ですので解約返戻金がなく、貸付を受けることは出来ません。

しかし、学資保険は貯蓄性が高い商品。

ある程度掛けている保険なら貸付を受けることが出来ます。

貸付を受けるには、通常は利息が取られるのですが。

今回は新型コロナウイルス感染症に関して「特別取り扱い」をしています。

一定期間ではありますが、無利息で貸付を行っています。

住友生命と明治安田生命の取り扱いは以下の通りです。

【住友生命】
契約者貸付利率 年利 0.00%
金利適用期間 2020年3月16日~2020年9月30日まで
受付期間 2020年3月16日~2020年5月31日まで

 

【明治安田生命】
契約者貸付利率 年利0.00%
金利適用期間 2020年3月19日~2020年9月30日まで
受付期間 2020年3月16日~2020年5月31日まで

 

仕事を解雇された。

給料がもらえなかった。

お店を閉めざるを得なくて収入がなかった。

など、実際に私の周りでもHELP!の声をたくさん聞いています。

無利息の貸付制度のことをお知らせしたら「知らなかった」と早速貸付を

受けた人も。

困っている人がいましたら、是非、教えてあげてくれませんか?

なお。

保険料の支払いがコロナ関連で一時的に厳しくなった人には。

申し出により、保険料払込猶予期間を延長してくれます。

通常は月払の場合は、翌月末日までが猶予期間ですが。

特別取り扱いの場合は 最長 2020年9月30日までです。

最長6か月の取り扱いとなっています。

こちらは、住友生命も明治安田生命も同様です。

ほとんどの保険会社が同じような取り組みをしています。

大変な時ほど、生命保険は辞めてはいけません。

万が一を守るための「命の保険」です。

是非、猶予期間延長できることも頭の中に入れておいてください。

少しでもアナタやアナタの周りの方の手助けとなりますように。

また、東京方面の取扱店では。

営業時間を時短したり休んでいたりしていますので

HPなどで状況を確認の上、連絡してください。

助け合いの精神=生命保険。

この非常時を、みんなで乗り越えていきたいですね。

ここまで住友生命の学資保険2種類と、明治安田生命の学資保険と比較してみましたが

いかがだったでしょうか。

それぞれの保険に特徴がありましたね。

住友生命も明治安田生命も返戻率が元本を切ることはなく、

返戻率は契約形態によって104%~105%台が出せています。

明治安田生命では全期前納払いで109%台も出ていて魅力的です。

明治安田生命はかなり的がしぼられた「ピンポイント」の学資保険でしたね。

一方の住友生命は2種類の学資保険で貯蓄一辺倒の保険と

保障もある程度考えられた保険がありました。

そこで。

住友生命「こどもすくすく保険」が向いている人は。

  • 返戻率はほどほどに重視しつつ、節目節目に学資金を受け取りたい人
  • 保障も必要と考え、特に子どもの医療を付加したい人
  • 契約後のサービス・アフターフォローを希望する人

住友生命「たのしみキャンバス」が向いている人は。

  • 返戻率を重視しつつ、契約者の健康に問題のある人
  • 保険料はある程度大きく加入したい人
  • 個人年金保険のしくみが好きな人
  • 契約後のサービス・アフターフォローを希望する人。

このような人に向いています。

明治安田生命「つみたて学資」が向いている人は。

  • 返戻率を重視する人
  • 保険料を大きく掛けられる人
  • 一括(全期前納)で支払いたい人
  • 大学入学時からの保障に重点を置きたい人
  • 保障は最低限で良い人
  • プランはシンプルイズベストと考える人
  • 明治安田生命の「健活サービス」を積極的に利用したい人

このような人に向いています。

アナタのニーズにはどちらの学資保険があっていますか?

よく検討して決めてくださいね!

 

参考サイト①→スミセイのこどもすくすく保険/住友生命

 

参考サイト②→たのしみキャンバス/住友生命

 

参考サイト③→つみたて学資/明治安田生命

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です